スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

接触性皮膚炎の症状

接触性皮膚炎の症状としては、
原因となる物質が触れた部分が
赤く腫れてきたり、丘診(ブツブツ)や水泡ができたりして、
かゆみや痛みを伴ってくるようです。

検査・診断には、まず原因となる物質を
確定するために、問診が行われるようです。

問診、視診などで、原因となる物質が
判明できない場合では、
パッチテストが行われることもあるようです。

治療方法として、症状にあわせて
抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などの
外用薬による治療が行われます。

また、症状が強い場合には、
内服薬による治療、症状の軽減が行われます。

●オススメしているマッサージ情報
マッサージが東京で話題となっています
リンパマッサージ情報 福岡市城南区で体験しよう
category
接触性皮膚炎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。