スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

性器ヘルペス

性器ヘルペスは別名「ヘルペス膣炎」とも言い、
感染後3~7日で外陰部に軽度のかゆみを感じ、1~2cm
程度の小さな赤い水泡が沢山できる。

数日後に水泡はつぶれ、その後湿った潰瘍と化して痛みを伴う。

悪化すると痛みの為に歩く事が難しくなり、
足の付け根のリンパ節が腫れたり、頻繁に発熱する事もある。

しかし、中には、感染後数年してから、
症状が発祥するというケースもある。

一度症状が消えても、ヘルペスウイルスは、
神経に潜伏し再発する可能性がある。

また、感染したままの出産は、
新生児が、高い確率で死に至るケースもある。
category
雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。