スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

バルトリン腺炎という病気

バルトリン腺炎とは、
セックス時の潤滑剤の粘液を分泌している
膣の入り口の左右にあるバルトリン腺が、
細菌などの病原体に感染して
炎症を起こした状態のことをいいます。

炎症からバルトリン腺の出口が塞がれて、分泌液が溜まることで
のう胞ができることをバルトリン腺腫瘍といいます。
その、のう胞に細菌などの病原菌が繁殖して、
膿になり赤くはれ上がった状態のことなのです。

症状としては、痛みがあって赤い腫れがみられます。
腫れが大きくなってしまうと、
座ったり歩くのが困難となり熱が出てくることもあるようです。
category
バルトリン腺炎
genre
ヘルス・ダイエット
theme
健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。