スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

更年期障害と不眠

不眠や寝付きが悪いという症状は、高年期に多くなる症状のひとつです。
高年期に限らず、生理前、妊娠初期や出産後の女性にも多くみられます。
これは、卵巣ホルモンの分泌が急激に変わるため自律神経が乱れるためといわれています。
ホルモンの分泌が原因の場合は、閉経によって分泌が止まり、身体が慣れれば自然と症状はなくなっていきます。

不眠がどうしても治らない場合には、入眠薬を使うこともあります。
また、ホルモン補充療法も不眠に効果があります。

ストレスなどによる場合には、薬だけでは不眠は改善されないことがあります。
精神科医や心療内科医を紹介してもらいましょう。精神科に抵抗を感じる必要はありません。
category
更年期障害
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。