スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

カンジダ膣炎とは

◆症状

 カッティングチーズのような白いおりものが出たりします。
 また外陰部に強い痒みがでます。

◆受診科

 産婦人科、婦人科、性病科

◆病気の内容

 膣内にはデーデルライン桿菌とよばれる乳酸菌が常にいて、乳酸を作り出す働きをしています。
 その結果として、強い酸性が保たれることになり、ほかの病原体が入り込むのを防いでくれているわけです。
 しかし、病気で抵抗力が落ちるなどの原因があって膣の自浄作用が低下してしまうと、病原体の感染により膣の中に炎症が起こることがあります。
 そうなると世田谷 マッサージでは治りません。

 カンジダ膣炎は真菌の一種のカンジダ・アルビカンスが原因でおこる膣炎のことを言います。
 カンジダは膣や口、ノドなどにいるありふれた菌なので、健康であれば病気を起こすことはありませんが、全身の抵抗力が衰えたときや、抗生物質を使い続けたとき、妊娠中、出産後、糖尿病などのときに、膣の自浄作用が低下してしまうため炎症を起こすことがあります。

 治療としては抗真菌剤の内服薬と膣座薬、軟こう、クリームなどを使用します。
 通常は1週間から2週間でよくなり、出張マッサージも受けられることがほとんどです。
category
カンジダ膣炎
tag
カンジダ膣炎
genre
ヘルス・ダイエット
theme
健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。