スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

外陰炎とは

◆症状

 外陰部の腫れやほてり、痛み、強い痒みなどがあります。
 酷い場合は、外陰部から肛門にかけてまで炎症が広がることもあります。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 外陰部の炎症を外陰炎と言います。
 たいへんデリケートである外陰部の皮膚なのですが、おりものや月経のために湿り気が多くなりがちなうえ、近くに尿道口や肛門もあるため不潔になりやすい環境にあります。

 通常時は女性ホルモンの働きで細菌などに対する抵抗力が保たれているのですが、病気などの理由で体力が落ちたり全身の抵抗力が落ちている時、思春期、妊娠中や出産後、更年期以降などホルモンバランスが乱れている時などは外陰炎が起こりやすくなる傾向にあります。
 また膣炎と合併しておきることが多いのも特徴です。

 原因は様々ですが、膣炎、細菌感染、生理用品や下着、洗浄剤などの刺激などと言われています。
 つまり予防法としては、清潔を保つことが一番だと言えますね。
category
外陰炎
tag
外陰炎
genre
ヘルス・ダイエット
theme
健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。