スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

慢性乳腺症とは

◆症状

 片方あるいは両方の乳房に、一個から数個、強く摘むと痛むしこりができます。
 特に月経前に大きくなります。
 乳房が腫れて、乳房から分泌物が出てくることもあります。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 慢性乳腺症は三十代から四十代の女性に多い、乳腺に発生するしこりのことです。
 月経と関連して周期的に発生します。
 その多くは月経の1週間ほど前から症状が出て、月経が始まるとおさまります。
 原因は、エストロゲンの分泌過剰なので、閉経すると症状が軽くなります。
 乳腺症の一部には、液体のたまったしこりができる場合もあります。

 がんと鑑別するための検査をして、症状が軽い場合は治療の必要もありません。
 しかし、はりや痛みが強い場合は、ホルモン療法を行う場合はあります。

[PR]
東京 アロママッサージ
オイルマッサージ 大阪
category
慢性乳腺症
tag
慢性乳腺症
genre
ヘルス・ダイエット
theme
健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。