Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

うっ帯性乳腺炎とは

うっ帯性乳腺炎とは、
産後期早期(3~4日)に、乳汁のうっ帯によって、
乳房全体が腫れて痛んでくるもののことをいいます。

うっ帯とは、乳汁が乳腺内に溜まった状態のことです。

原因としては、乳管の開口が不十分なために、
乳汁が乳腺の中に溜まってしまうことで起こってしまいます。

出産後しばらくは、乳管の発達の段階にあること、
初乳は粘度が高く出にくいこと、
赤ちゃんが上手に吸えないこと、
初産婦など授乳に慣れないこと、
なども原因となっているようです。
スポンサーサイト
category
うっ帯性乳腺炎

子宮がんの原因

子宮がんを引き起こす原因の一つに、
ホルモンのバランスが崩れることがあります。

ホルモンバランスは、さまざまな要因で崩れてしまいます。

特に、肥満、糖尿病、高血圧の人は注意が必要です。

こうした生活習慣病は、
食生活を見直すことで、普段の生活に気をつけて下さい。

また、子宮がんのもう一つの原因として、
注目されているのは出産の高年齢化です。

30代までに妊娠・出産の経験をしていないと
子宮がんの原因になるホルモンバランスの乱れが起きます。

その為、若いときに妊娠・出産をしていない方は、
特に注意する必要があると言われているのです。

▼健康にも役立つマッサージ
港区・六本木エリア|出張マッサージ 癒しの泉

▼マッサージに興味がある方にオススメのサイト
オイルマッサージを大阪で利用しましょう
category
子宮がん

クラミジアは口にも感染します

あまり広く認識されていませんが、
クラミジアは口に感染することがあります。

クラミジアには、円柱上皮細胞に
入り込んで増殖するという特性があります。

円柱上皮細胞というのは、
分泌物を出したり、
養分の吸収を行う個所を形成する細胞のことです。

人の身体の中では、口の中、腸などがこの部分になります。

その為、クラミジアは咽喉からでも感染するのです。

クラミジアは、性行為によってのみ
感染すると思っている方は、
その考えを改めるようにして下さい。
category
クラミジア感染症

接触性皮膚炎のアドバイス

接触性皮膚炎の原因となる物質を調べて、
日常生活において、接触を回避するように
意識していきましょう。

かゆみがひどいために掻き壊してしまえば、
炎症を起こしてしまったり、
症状を悪化させることになってしまいますので、
爪を短く切って、掻かないように
気をつけるようにしておきましょう。

自己判断において薬を使用すれば
症状が悪化することがありますので、
専門医の診察を受けて治療を受けるといいでしょう。

●オススメしているマッサージ情報
出張マッサージ 東京 アロマ横丁【東京23区に出張可能】都内を中心に癒しの時間をお届け
癒しのアロママッサージ店が板橋区にあります
category
接触性皮膚炎

女性が痔になり易い理由

女性がかかりやすい病気でには、「痔」が挙げられます。

痔になる原因には、いくつかのケースが考えられます。
女性によく見られる「冷え性」や「便秘」の他、
上記の様な「妊娠」や「出産」なども主な原因として考えられます。

妊娠中は、子宮へ影響が軽減されるように、
ホルモンが腸などの動きも抑制しています。

妊娠中に「便秘」になり易いのは、
このような原因があります。

また、胎児の圧迫や、「いきみ」への不安からも、
便を出しにくい気持ちになってしまうケースも考えられます。
category
便秘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。