Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

子宮以外で生理?~子宮内膜症~

子宮内膜は毎月妊娠の準備の為に、
再生と増殖をくり返し、
妊娠が成立しない場合には
生理となって体外へ排出されます。

子宮内膜症とは、直腸や卵巣の外側、腹膜、
ひどい場合には肺など、子宮以外の部位で
通常の子宮内膜と同様に
毎月、増殖・はく離・出血を繰り返すという病気です。

子宮以外ではく離した場合、
膣から体外へ排出できず、
はく離した内膜がその部位に蓄積していき、
やがて血の固まりとなり、
周辺の臓器と癒着するケースがあるそうです。

重い生理痛が症状として見られ、
さらに悪化すれば、
生理の際以外にも
下腹部や腰が痛む様になります。

また、放置すれば、
卵管に内膜が詰まるなどして
不妊症の要因となってしまう事もあります。
スポンサーサイト
category
子宮内膜症

接触性皮膚炎の症状

接触性皮膚炎の症状としては、
原因となる物質が触れた部分が
赤く腫れてきたり、丘診(ブツブツ)や水泡ができたりして、
かゆみや痛みを伴ってくるようです。

検査・診断には、まず原因となる物質を
確定するために、問診が行われるようです。

問診、視診などで、原因となる物質が
判明できない場合では、
パッチテストが行われることもあるようです。

治療方法として、症状にあわせて
抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などの
外用薬による治療が行われます。

また、症状が強い場合には、
内服薬による治療、症状の軽減が行われます。

●オススメしているマッサージ情報
マッサージが東京で話題となっています
リンパマッサージ情報 福岡市城南区で体験しよう
category
接触性皮膚炎

低血圧の改善方法

低血圧の原因の一つに、
筋力が低下していることが、
影響している可能性が考えられます。

心臓の筋力も低下、全身に血液を
送り出す力も弱くなってしまします。

足や下肢の血液を、
心臓に押し戻すの為にも、
筋力の力は欠かせない要素です。

筋力が不足すると、血液が十分に
心臓に戻らなくなるので
低血圧症状を招いてしまう可能性があります。

筋力の低下を防ぐには、
筋力をつけることが求められます。

まずは、毎日の運動を習慣にしましょう。

◆美容・健康に役立つマッサージ情報①
品川区で利用出来る人気のマッサージ

◆美容・健康に役立つマッサージ情報②
素晴らしいマッサージを奈良から検索
category
低血圧

性器ヘルペス

性器ヘルペスは別名「ヘルペス膣炎」とも言い、
感染後3~7日で外陰部に軽度のかゆみを感じ、1~2cm
程度の小さな赤い水泡が沢山できる。

数日後に水泡はつぶれ、その後湿った潰瘍と化して痛みを伴う。

悪化すると痛みの為に歩く事が難しくなり、
足の付け根のリンパ節が腫れたり、頻繁に発熱する事もある。

しかし、中には、感染後数年してから、
症状が発祥するというケースもある。

一度症状が消えても、ヘルペスウイルスは、
神経に潜伏し再発する可能性がある。

また、感染したままの出産は、
新生児が、高い確率で死に至るケースもある。
category
雑記

女性ホルモン補給の方法

女性ホルモンを補給するには、
いくつかの方法があります。

女性ホルモンと似ている、イソフラボンは
大豆を中心とした食生活から摂る事ができますが、
毎日、納豆や豆腐を食べるというのは
相当の大豆好きでないと大変な事です。

と、言うよりも、そんなに毎日、
大豆を食べる様な食生活を送っていれば、
女性ホルモン不足は起きていないはずですね。

それに、最も、多くのイソフラボンを含んでいる
納豆が嫌いな人が結構、多かったりしますしね。

そんな人には、サプリメントによる
女性おホルモン補給がお勧めなのです。

・マッサージの情報
出張マッサージ from 新宿
マッサージの情報 in 広島
category
ホルモン系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。