Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

バルトリン腺炎という病気

バルトリン腺炎とは、
セックス時の潤滑剤の粘液を分泌している
膣の入り口の左右にあるバルトリン腺が、
細菌などの病原体に感染して
炎症を起こした状態のことをいいます。

炎症からバルトリン腺の出口が塞がれて、分泌液が溜まることで
のう胞ができることをバルトリン腺腫瘍といいます。
その、のう胞に細菌などの病原菌が繁殖して、
膿になり赤くはれ上がった状態のことなのです。

症状としては、痛みがあって赤い腫れがみられます。
腫れが大きくなってしまうと、
座ったり歩くのが困難となり熱が出てくることもあるようです。
スポンサーサイト
category
バルトリン腺炎

生理時の食事・食材

あたりまえのことですが、
生理時は必ず出血があります。

【PR】出張マッサージ 梅田

生理時の食事は、血液を補うものを摂って、
体が必要としている栄養分を与えましょう。

【PR】マッサージ 口コミ

・オススメの食材
ほうれん草、黒きくらげ、なつめ、
なまこ、すっぽん、あさり、松の実、
いか、にんじん、黒ゴマなど。

また、注意点として、生理時の出血がひどくて、
ナプキンを30分おきに変えるほどの出血を
伴う時に、生薬を利用する際は、
使用する前に、必ず専門家に相談しましょう。

ちまみに、補血薬はネバっこい性質があるため、
胃腸が弱い方や、水分代謝が悪い人は注意が必要です。
category
月経困難症

乳がん患者に抗うつ剤が使えない??

日本で、うつ病を発症する人々が増えている。
 また、女性の死亡要因の内、乳がんに比率が増えている。

 これは、抗うつ剤を乳がん患者に併用すると、標準治療に効きにくくなる、または、帳消しにされてしまうというショッキングな内容です。

精神的ダメ―ジを伴うがんの発症に対して抗うつ剤が使えないという事に。

『乳がん患者に対しては、治療薬のタモキシフェン以外に、
患者のストレスに対処するために抗うつ剤のパロキセチンも長期にわたり処方されるケースが多い。
category
乳がん

乳がんになりやすい人

乳がんって遺伝するのか?
また、どんな人が、乳がんにかかりやすいのか?

【PR①】出張マッサージ 大阪市鶴見区

あなたは、知っていますか?

今回は、そんな乳がんになりやすい方の特徴を挙げます。

【PR②】出張マッサージ 求人 東京

<<乳がんになりやすい人>>

・40歳を過ぎたら要注意
日本人女性の乳がん発生率は30代から上がります。
そして40代後半がピークになになるので、それ以上の年齢の方は注意が必要です。

・遺伝
残念ながら、家族の中に乳がんにかかったことがある人がいる方は、発症率が高いです。

また、乳房に放射線を多く浴びてことがある。
過去に良性の乳腺疾患になったことがある方、なんらかの形で遺伝子変異を起こしやすい環境で、過ごしたことがある方も気をつけてください。
category
乳がん

更年期障害と不眠

不眠や寝付きが悪いという症状は、高年期に多くなる症状のひとつです。
高年期に限らず、生理前、妊娠初期や出産後の女性にも多くみられます。
これは、卵巣ホルモンの分泌が急激に変わるため自律神経が乱れるためといわれています。
ホルモンの分泌が原因の場合は、閉経によって分泌が止まり、身体が慣れれば自然と症状はなくなっていきます。

不眠がどうしても治らない場合には、入眠薬を使うこともあります。
また、ホルモン補充療法も不眠に効果があります。

ストレスなどによる場合には、薬だけでは不眠は改善されないことがあります。
精神科医や心療内科医を紹介してもらいましょう。精神科に抵抗を感じる必要はありません。
category
更年期障害
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。