Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

淋菌性膣炎とは

◆症状

 おりものが増えます。
 また、黄緑色のうみのようなおりものが出ることもあります。
 そのほか、下腹部の痛みや発熱など。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 淋菌性膣炎とは性感染症の一種になります。
 淋菌という細菌に感染することで起こります。

 淋菌は、膿になって身体の外に出たり、乾燥した状態だとすぐに死んでしまいます。
 その為、性行為以外では人から人へ移ることは滅多にありません。

 感染してから症状がでるまでは通常、2日から7日かかります。
 まれに、膿がついた下着や手などからも感染することもあります。
 また、膿が目につくと重い目の病気なってしまいます。

 治療中は安静が必要となります。
 特に自動車やバイク、性的刺激を避け、性交も厳禁です。
 お酒や刺激物は避けます。
 水分をたくさんとって、尿を流すことによって、膿を洗い流すようにします。
 手は石鹸でよく洗い、タオルなどの布類は熱いお湯に数分間つけておけば、淋菌はすぐに死んでしまいます。
 また、公衆浴場へは行かないようにし、自宅のお風呂も最後に入るという注意も必要です。
スポンサーサイト
category
淋菌性膣炎

月経前緊張症とは

◆症状

 月経の始まる三日から十日前ごろから、イライラや、怒りっぽい、頭痛や不眠、疲れやすさ、顔や手足などのむくみ、乳房や乳首の痛みなどが現れます。
 また、胃腸の調子が悪くなったり、皮膚の痒みや、蕁麻疹がでやすくなるということもあります。
 そして、これらの症状は、月経が始まると消えてしまいます。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 月経とは、約1ヶ月ごとで子宮内膜から起こる出血んことをいいます。
 その働きには、脳にある視床下部と下垂体前葉、卵胞ホルモンと黄体ホルモン、そのほか各種のホルモンが関係しています。
 出張マッサージ 梅田は関係ありません。

 月経前緊張症を含む月経前の様々な症状は、黄体ホルモンの分泌の微妙な変化によって、ホルモンのバランスが崩れて起こると考えられています。
 その他、精神的な問題や体質、環境などの複雑な要因もあるので、ハッキリとした原因はまだわかっていません。

 場合によっては、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因になっていることもあります。
 この場合には超音波断層法などの検査が必要になります。
 そして、症状が強い場合は、オイルマッサージ 渋谷ではなく婦人科を受診して、確認することも必要となります。
category
月経前緊張症

クラミジア感染症とは

◆症状

 下腹部の痛みがあり、とくに性交時に痛みます。
 膿の混ざった黄色か淡黄色のおりものが多量にみられます。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 クラミジア感染症は性感染症の一種となります。
 原因は、クラミジア・トラコマチスという微生物であり、性交などで女性性器に感染します。

 子宮の入り口の炎症の原因と言えば、ほとんどがクラミジアです。
 初期症状がほとんどないので、治療が遅れがちになってしまいます。
 症状がないままに子宮の入口から、子宮の中、子宮と卵巣を結ぶ卵管、卵管采を通って、約1週間くらいでお腹の中にクラミジアが入っていきます。

 そして、感染がお腹の中や肝臓の周辺にまでおよぶと、激しい腹痛を起こします。
 こうなると治療も難しくなってしまいます。
 感染の初期には、はっきりした症状がないのでわかりにくいとは言え、大量のおりものが見られるなど疑わしい症状が出ている時には、念の為婦人科をすぐに受診することをおすすめします。
category
クラミジア感染症

卵巣茎捻転とは

◆症状

 激しい下腹の痛みが突然起こります。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 卵巣茎捻転は、卵巣にできる良性腫瘍に関係しています。
 良性腫瘍だと、内診で触れた腫瘤は柔らかいものが大半となりますが、それでも放置しておくと腫瘤の茎(軸)が捻転を起こしてしまうことがあります。
 この状態を卵巣茎捻転と言い、突発的に起きると子宮外妊娠に匹敵するくらいのとても激しい痛みに見舞われれます。
 徐々に捻転が起きたケースではそれほど痛みはありません。
 いずれもしても、適当な時期に膿腫の切除を行った方が良いです。
category
卵巣茎捻転

カンジダ膣炎とは

◆症状

 カッティングチーズのような白いおりものが出たりします。
 また外陰部に強い痒みがでます。

◆受診科

 産婦人科、婦人科、性病科

◆病気の内容

 膣内にはデーデルライン桿菌とよばれる乳酸菌が常にいて、乳酸を作り出す働きをしています。
 その結果として、強い酸性が保たれることになり、ほかの病原体が入り込むのを防いでくれているわけです。
 しかし、病気で抵抗力が落ちるなどの原因があって膣の自浄作用が低下してしまうと、病原体の感染により膣の中に炎症が起こることがあります。
 そうなると世田谷 マッサージでは治りません。

 カンジダ膣炎は真菌の一種のカンジダ・アルビカンスが原因でおこる膣炎のことを言います。
 カンジダは膣や口、ノドなどにいるありふれた菌なので、健康であれば病気を起こすことはありませんが、全身の抵抗力が衰えたときや、抗生物質を使い続けたとき、妊娠中、出産後、糖尿病などのときに、膣の自浄作用が低下してしまうため炎症を起こすことがあります。

 治療としては抗真菌剤の内服薬と膣座薬、軟こう、クリームなどを使用します。
 通常は1週間から2週間でよくなり、出張マッサージも受けられることがほとんどです。
category
カンジダ膣炎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。