Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

子宮がんと早期発見

子宮がんは、早期発見することが出来れば
生存率が高くなる癌(がん)です。

例えば、癌を発症してから10年かかって
自覚症状があらわれた子宮がんの場合は、
10年前から、その癌(がん)は、
身体の中に存在していたことになります。

40代で子宮がんを発見した場合、
10年前の30代の頃には、子宮がんがあったことになります。

これでは、かなり、その症状は進行していまいます。

最近は、自治体による子宮がんの
検診・検査のサポートが充実しています。

20歳から検査を受けることが出来るので、
早期発見することを目的に利用してみてはいかがでしょうか?

▼健康にも役立つオススメのマッサージ店
大阪で利用出来るマッサージ店

▼様々なマッサージ情報があるサイト
アロママッサージを千葉から探そう
スポンサーサイト
category
子宮がん

子宮がんの原因

子宮がんを引き起こす原因の一つに、
ホルモンのバランスが崩れることがあります。

ホルモンバランスは、さまざまな要因で崩れてしまいます。

特に、肥満、糖尿病、高血圧の人は注意が必要です。

こうした生活習慣病は、
食生活を見直すことで、普段の生活に気をつけて下さい。

また、子宮がんのもう一つの原因として、
注目されているのは出産の高年齢化です。

30代までに妊娠・出産の経験をしていないと
子宮がんの原因になるホルモンバランスの乱れが起きます。

その為、若いときに妊娠・出産をしていない方は、
特に注意する必要があると言われているのです。

▼健康にも役立つマッサージ
港区・六本木エリア|出張マッサージ 癒しの泉

▼マッサージに興味がある方にオススメのサイト
オイルマッサージを大阪で利用しましょう
category
子宮がん

子宮がんの種類

子宮がんには、主に子宮頸がんと子宮体がんの2種類が存在しています。

子宮頸がんとは、子宮頸部と言われている子宮の入り口付近に発生するるがんのことをいい、子宮体がんとは、子宮体部と言われている子宮の奥の部分に発生するがんのことを言うのです。

子宮頸部は子宮の入り口と先ほど述べましたが、具体的には外子宮口、内子宮口、子宮膣部、子宮頸管とされている部位に発生すると子宮頸がんとされています。
そして、子宮体部には、子宮内膜、子宮底などのことをいい、それらの部位にがんが発生すると子宮体がんとされるのです。

2種類の子宮がんは、それぞれのがんの発生する部位が異なっているだけではなく、発生した原因や、それぞれのがんの性質なども異なっているのです。
検査方法や治療法などもそれぞれ違ってくるので、種類に合った治療方法を行う必要があります。
category
子宮がん

子宮がんとは

◆症状

 初期段階ですが、セックスの後に出血があったり、生理ではないのにおりものに血が混じったりします。
 また、排尿困難や骨盤付近の痛みもある場合があります。。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 子宮がんは、発生部位により、子宮頸がんと子宮体部がんに区別されます。

 子宮頸がんは、外子宮口付近に発生することが多いですね。
 検査では早期発見されることがよくあります。
 治療に当たっては、他のがんと同様、外科的手術や放射線療法、抗がん剤を用います。
 また、早期の場合は、がん細胞を凍らせる凍結療法、電磁波の熱で細胞を殺す高周波療法、レーザー光線を使ったレーザー療法などを用いることもあります。

 子宮体部がんは、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発症します。
 肥満、高血圧、糖尿病などの人や、乳がんや大腸がんにかかったことのある人は、やや発生率が高いと言われています。
 治療方法としては、外科的手術、放射線療法、抗がん剤のほか、女性ホルモンを投与してがん細胞を殺すホルモン療法を用います。

 がんは早期発見が一番の治療法です。
 子宮頸がん、子宮体部がんともに、セックス後の出血や、生理以外でおりものに血が混じるなどの症状が見られたなら、病院で診てもらった方がよろしいかと思われます。
category
子宮がん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。