Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

接触性皮膚炎のアドバイス

接触性皮膚炎の原因となる物質を調べて、
日常生活において、接触を回避するように
意識していきましょう。

かゆみがひどいために掻き壊してしまえば、
炎症を起こしてしまったり、
症状を悪化させることになってしまいますので、
爪を短く切って、掻かないように
気をつけるようにしておきましょう。

自己判断において薬を使用すれば
症状が悪化することがありますので、
専門医の診察を受けて治療を受けるといいでしょう。

●オススメしているマッサージ情報
出張マッサージ 東京 アロマ横丁【東京23区に出張可能】都内を中心に癒しの時間をお届け
癒しのアロママッサージ店が板橋区にあります
スポンサーサイト
category
接触性皮膚炎

接触性皮膚炎の症状

接触性皮膚炎の症状としては、
原因となる物質が触れた部分が
赤く腫れてきたり、丘診(ブツブツ)や水泡ができたりして、
かゆみや痛みを伴ってくるようです。

検査・診断には、まず原因となる物質を
確定するために、問診が行われるようです。

問診、視診などで、原因となる物質が
判明できない場合では、
パッチテストが行われることもあるようです。

治療方法として、症状にあわせて
抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などの
外用薬による治療が行われます。

また、症状が強い場合には、
内服薬による治療、症状の軽減が行われます。

●オススメしているマッサージ情報
マッサージが東京で話題となっています
リンパマッサージ情報 福岡市城南区で体験しよう
category
接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは

皮膚に、ある物質が触れたことによって起こる、
皮膚の炎症のことをいい、
一般的に「かぶれ」といわれているものです

刺激性の強い原因物質に触れたことで起こるものを
刺激性接触皮膚炎といわれています。

特定の物質に対して、アレルギーをもっている人が
その物質に触れたことによって起こるものを
アレルギー性接触皮膚炎といわれています。

女性の場合において、原因となるものは、
化粧品、カラーリング剤、パーマ液、香水などの化粧品類、
洗顔料洗剤、石鹸、シャンプー、リンスなどの石鹸・洗剤類、
ネックレス、イヤリング、ピアス、時計などの貴金属類、
下着・ブラジャーなどの衣類、
生理用ナプキン、避妊具などの衛生用品、
その他に、植物、食物、薬品など、実にさまざまなのです。
category
接触性皮膚炎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。