Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

月経前緊張症とは

◆症状

 月経の始まる三日から十日前ごろから、イライラや、怒りっぽい、頭痛や不眠、疲れやすさ、顔や手足などのむくみ、乳房や乳首の痛みなどが現れます。
 また、胃腸の調子が悪くなったり、皮膚の痒みや、蕁麻疹がでやすくなるということもあります。
 そして、これらの症状は、月経が始まると消えてしまいます。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 月経とは、約1ヶ月ごとで子宮内膜から起こる出血んことをいいます。
 その働きには、脳にある視床下部と下垂体前葉、卵胞ホルモンと黄体ホルモン、そのほか各種のホルモンが関係しています。
 出張マッサージ 梅田は関係ありません。

 月経前緊張症を含む月経前の様々な症状は、黄体ホルモンの分泌の微妙な変化によって、ホルモンのバランスが崩れて起こると考えられています。
 その他、精神的な問題や体質、環境などの複雑な要因もあるので、ハッキリとした原因はまだわかっていません。

 場合によっては、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因になっていることもあります。
 この場合には超音波断層法などの検査が必要になります。
 そして、症状が強い場合は、オイルマッサージ 渋谷ではなく婦人科を受診して、確認することも必要となります。
スポンサーサイト
category
月経前緊張症
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。