Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

卵巣がんとは

◆症状

 下腹部にしこりを感じたり、圧迫感があったりします。
 頻尿、腹水の為にお腹が大きく張ったり、胸水がたまって息切れしたりします。

◆受診科

 産婦人科、婦人科

◆病気の内容

 卵巣にできる腫瘍の約90%は良性です。
 そして、良性腫瘍のなかで最も多いのは、卵巣のう腫です。
 残りの1割がいわゆる卵巣がんですが、そのなかで卵巣の表層をおおう上皮性のがんが九割を占めます。

 卵巣がんは初期段階では自覚症状があまりありません。
 検診で発見されたときには、既に転移してしまっていることが多いがんです。
 その為、下腹部への圧迫などを感じた場合は、なるべく早めに検査を受けた方がよいです。
 治療には、外科手術、放射線療法、抗がん剤などで行なわれます。

 ちなみに、卵子のもととなる胚細胞から発生する卵巣がんを卵巣胚細胞腫瘍と言います。
 若年層から発症するという特徴がありますが、抗がん剤が非常に良く効くので、多くの人が妊娠・出産機能を失わずに完治しています。

[PR]
新宿 アロママッサージ
東京 出張マッサージ
スポンサーサイト
category
卵巣がん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。